Archive for the Category » 旅云々 «

氣場巡り

今月初めに本部町備瀬のパワースポットに行きました。
雑誌とかでもどこどこのパワースポットが良い、とか特集されるぐらいです。
いろいろな言葉があるので分類は難しいのですが、似たような言葉に「霊域」や「霊場」、「聖地」、「神域」などがあります。
すべてイコールではないと思います。

スピリチュアルをつま先ぐらいかじった立場(苦笑)から言いますと、パワースポットという言葉はかなり広い範囲を指していると思います。
本当に霊的または神的に力のある場所から「ここにいると気持ちいいよね」的な範囲までを広く内包した言葉だと認識しています。
霊域や霊場に広がる“霊気”や神域や御嶽、聖地に広がる“神気”、森林や水から受ける“清気”など、これらの領域に共通するのは何らかの波動『氣』が満たされていることです。

なので、パワースポットの日本語表記は『氣場』が良いと思います。

沖縄にはたくさんの氣場があります。
全島が霊域、神域のような島ですが、強弱、良悪ありますので、きちんと調べて行くのが大切。
流行ったからといって飛びつくのは意外と危険かもしれません。
立入禁止の場所も多く、勝手に出入りするのは良くありません。
パワースポット巡りは事前の調査が大切だと思います。

2016_06_27_001

さて、沖縄の氣場巡りをしたいと考えています。

まずは宮城島や浜比嘉島などをスタートにしたいです。
琉球開闢に関わる重要な聖地、御嶽、拝所などがたくさんあります。
純粋に風景などから受ける氣も多い地域です。
伊計島の大泊ビーチでのんびりというのも良いですし。

その次にはやはり久高島でしょうか。
沖縄の聖地といえば、久高島と斎場御嶽が代表的です。
斎場御嶽については訪問の覚悟がまだ出来ていませんので、久高島を先に訪れます。
なんでしょう、感覚的な理由で斎場御嶽はまだだと思います。
こちらは涼しくなってからですね。

そんなこんなで、沖縄各地のパワースポット(氣場)を調べていこうと思います♪


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

那覇市番地入地圖

祖父から父へ、そして私に渡ってきた地図です。
表題は町別 那覇市那覇市番地入地圖となっていました。
今の漢字で書くと『町別 那覇市那覇市番地入地図』です。
手描きで「昭和九年度」と書かれていますが、発行日は不明です。
戦前の地図だと分かるポイントが3つ!
(1) 電気軌道の線路が描かれている
(2) 戦後に消失した地名が載っている
(3) 土地の形状が戦前のそれと一致している
かなり古くて、紙がボロボロになりかけています。
熱焼けしたような茶色~焦げ茶色の部分があり、戦争の影響かと思われます。
虫喰いも所々にあり、保存状態はあまり良くありません。
貴重な地図なら、複製などを早く作って、適切な保存をお願いしようと思います。
この地図に載っている家々が先の大戦でほぼ消失したと考えると、胸が苦しくなる思いです。
古の那覇に思いを巡らす、と同時に思い浮かべるのはやはり戦争ですね。
旧那覇市の様子を知る手がかりになればと思います。
古い地名を見ると、今とはだいぶ違うなと分かり、「地名」という歴史遺産も失われている現在を実感しました。
この地図は戦前の旧那覇市を10区に分けて収載しています。
合併前の旧首里市、旧真和志村(市)および旧小禄村は載っていません。
手描き通りに昭和9年頃の発行であれば、実調は昭和6~8年頃と思われます。
昭和初期の旧那覇市の地図とすれば、貴重なものだと思われます。
情報がおありの方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい!
【表紙】 町別 那覇市那覇市番地入地圖


【全図】 那覇市全圖

【第1図】 第一圖 東町・通堂町

【第2図】 第二圖 西本町・西新町

【第3図】 第三圖 久米町・天妃町・上之藏町

【第4図】 第四圖 美榮橋町・久茂地町・松下町

【第5図】 第五圖 若狭町・松山町

【第6図】 第六圖 上泉町・下泉町・旭町

【第7図】 第七圖 崇元寺町・前島町・高橋町

【第8図】 第八圖 壷屋町・牧志町

【第9図】 第九圖 辻町

【第10図】 第十圖 住吉町・垣花町・山下町

地図の大きさは395mm×550mmほどです。
紙質は薄く、油紙のような印象を受ける素材です。
印刷物と考えられますが、図面内はほぼ手描きと考えられます。
発行所と印刷所は記載がありますが、発行日や印刷日、地図データの収集期間などは記載されていません。
この地図について情報のある方がいらっしゃいましたら、是非お知らせ下さい m(_ _)m


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

コーラルウェイ 3/4月号(2013)

定期購読しているCoralwayですが、
前回で購読期間が終わっているのを忘れていました。
今回の3/4月号はコンビニで購入。
振込用紙のみの取扱いというが不便です。
早めに継続手続き(¥3,500)しようと思います。


上の写真が今回号の表紙です。
リンク先はCoralwayショップになっています。
表紙にもあります通り、今月はビッグな話題があります。
新石垣空港開港
30余年、紆余曲折・前途多難の末の開港です。
中型機の乗り入れが可能になりました。
関西などからB767などの就航が期待されます。
今まではB737かDHC100/200だけでしたからね。
新石垣空港以外にも面白い記事がありました。
・香り立つ沖縄の珈琲と紅茶
・首里てくてく歩き
・地表を銀河に変える初夏のホタル・ショー
・写真コンテスト結果、等々
私の目を引いたのは、この小さな記事。
沖縄の空にSWALのオレンジカラーがよみがえる
おー、復活かぁ!
JTAなったときも味気なく感じたものですが、最近はさらにJAL塗装統一になっていました。
そんな残念な日本トランスオーシャン航空でしたが、やっとSWALカラーを復活してくれました。
ANAのモヒカン復活を真似たのでしょうか。

JTAの以前は南西航空という会社でした。
Southwest Air Lines (SWAL)
当時はB737-200型という可愛らしいジェット機でしたよ。
エンジンが細長く、またサイズに比して馬力がありました。
今は国内では使われていない機材です。
南西航空時代のカラーが再び沖縄の空に戻ってくるのは嬉しいです!

美ら島物語 日本トランスオーシャン航空 琉球エアーコミューター

今年の夏は石垣島が“熱”そうですネ(^^)/


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ