Archive for » 7月, 2015 «

南大東島 島内巡り

ここ『ホテルよしざと』も朝食時間が早いです。
チェックアウトもなぜか早い。
というわけで、起きてすぐに朝食に向かいます。
朝ごはんも4階の食堂でいただきます。
清々しい南大東の朝風景を見ながらの食事は良かった。


至って普通の朝食でした。
部屋に戻ってから荷造りし、シャワーを浴びてチェックアウト。
レンタカーをお願いしていたので、荷物を預けてから出発しました。
まずは島の守り神である大東神社



マップで見るとホテルから遠そうですが、実際には2分もかかりません。
ここ大東神社の杜には天然記念物のダイトウオオコウモリが生息しているそうです。
朝なのでもちろん見ることはできませんでした。
お社に向かう参道は大変なことになっていました。
どこを見てもカエルだらけ!
数十cmおきぐらいに大きなカエルがワンサカいます。
私はカエルが苦手なので恐怖でした。
避けようと思っても、足の踏み場もないとはこのことで、踏んづけてしまいます。
なんとも言いようのないキューーーッという断末魔が聞こえました(何度も)。

大東神社出て、島の西側に向かいました。
岩盤を爆破して掘り込んで造った漁港を見るためです。
島を周回するように走る道には、これまた至るところにカエルの死骸があります。
轢死骸(^^;)。
最初は避けて走ってみたが、途中で無駄だと気付いてやめました。
カエルさん、ごめんなさい(;_;)。



南大東漁港は想像以上に大きかった。
しかも、かなり深いです。
島を取り囲む断崖がそれだけ高いということですね。
上から写真に撮ってみました。
さらに港の近くにということで、下まで下りてみました。

一番奥の港付近。
削り取られた断崖の高さは圧感でしたよ。
相当の工事だったと思います。
かなり高い金をかけた割りには、停泊している漁船は少なく、あまり利用されていないように見えました。
事業としてどうだったのでしょう。
港のすぐ近くに、大東島が現在もプレート移動していることを垣間見れる自然構造があるということで行ってみました。

その名もバリバリ岩です。
畑の中にポツンとあり、車がすれ違えない細い道です。
駐車場は数台分あり、整備されていました。
ここから!という場所を入ると、鬱蒼とした木々の間の獣道。
少し進むと裂けた岩が見えてきます。
写真で見ると、幻想的というか神秘的な感じがします。
しかーし、実際には違います。
足元で何やら飛び跳ねるものが多数いて、岩にも張り付いています。
カーエールー(;_;)
あの大きな体で飛び跳ねて向かってこないかドキドキしながら進みました。
途中であまりにも怖かったので引き返しました。
一人では行かないほうがいいです。

気を取り直して、線路を探しに行きました。
大東島では1983年までサトウキビを運ぶ汽車が走っていました。
34年前のことです。
その線路が一部に残っているとのこと。
ここですよ!という表示がないので、探すのに苦労しました。


昼ご飯は、一昨日から食べられずにいた大東寿司を食べに行きました。
ホテルの斜め向かいに有名な大東そばがあります。
そこで“大東そばと大東寿司のセット”を頼みました。
1,000円也。
そこそこいい値段ですな(^^;)。
そばは・・・・・・、好みが分かれそうな食感です。
沖縄そばを想像するとだいぶ異なり、どちらかというとうどんに近い。
大東寿司は美味しかったです。
できれば、北大東のものと食べ比べたかった。

お腹いっぱいになったので、観光の続きをしました。
目指すは海軍棒プール
砂浜のない大東島では海水浴ができないそうで、島民が泳げる場所を!ということで岩場を掘り込んで造ったそうです。
崖の上から見ると、綺麗な長方形に彫り込まれていました。
島の子どもたちが泳いでします。
下まで車で行けそうですが、今まで経験したことのない急坂でした。

海水ですから、魚も泳いでいるそうです。
泳ぐ準備をしていなかったので、眺めているだけでした。
さて、帰りですよ(^^;)。
あの急坂をレンタカーで登りましたが、途中で止まってしまいそうなぐらいにノロノロ。
万一止まってしまい、車が流れると、あのプールまで真っ逆さまです。
もう恐怖でいっぱいでした(;_;)。
歩くよりも遅いぐらいでやっとのことで登りきり、その時には心臓が相当バクバクいっていました。
もう二度と車では下りません。
気を取り直して、ドライブを続けました。

最後の観光スポット日の丸山展望台に行きました。
島の内側を広く見渡すことができる場所です。
iPhoneのパノラマで撮影してみましたら、意外にも綺麗に撮れました。
さとうきび畑がすごく柔らかそうに風になびいていますが、実際には固くて危ないのですよ。
沖縄本島にもさとうきび畑は広大にありますが、印象のことなる風景です。

台風の影響もなく、空も海も畑も綺麗でした。
今回は鍾乳洞など、大東島の有名な観光スポットには行きませんでした。
なにせ暗いところが好きではないので、怖かったからです。
大人数で来る機会があれば挑戦しようと思います。

南大東島も1泊2日のほぼ24時間の滞在でした。
北大東島も南大東島も、かなり慌ただしく観光スポットを巡りました。
2島は共通点が多く、まさに兄弟島という感じでした。
すべての観光スポットで誰ともすれ違わなかったというのも共通です(苦笑)。
観光客、少ないのですね。
次回の訪問があるかは分かりませんが、同じ沖縄県内の離島ということで、今回はとても良い訪問になりました。
次回は南大東2泊でもいいかな(^^;)。

帰りも琉球エアーコミューターのDHC8-Q100型機でした。
来年度以降にはDHC8-Q400ECに更新される予定とのこと。
JALカラーに変更される見込みのようですが、日本中が赤と青ばかりになるので好ましくありません。
沖縄の空にはSWALカラー復活RACカラー存続を切に切に希望します。
JTAもRACも親会社JALの言いなりにならず、JACとも協力してオリジナルカラー存続を訴えてほしいな。
というわけで、南北大東島2泊3日の旅記録を打ち終えます(^^)v


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

初の南大東島

北大東島から南大東島に移動しました。
船ではなく、飛行機を利用。
琉球エアーコミューターの南大東経由那覇行き便です。
ほぼ満席に近く、建設関係の方が多かった。
機内アナウンスで「南大東島までの飛行時間は、離陸後およそ3分です」と流れました。
本当に3分なら動画に撮っておこう!
ということで、録画してみました。

あとで解析してみたら、今回の飛行時間は3分15秒でした。
ベルト着用サインが一度も消えることなく、着陸でした。
日本で一番最短距離の定期運行路線です。
3分の飛行ですが、普通運賃は8,500円と高い!



南大東空港は、北大東空港よりは大きかったです。
どこに駐機しても問題なさそうですが、いちおう誘導員がいました(苦笑)。
35分ほど駐機して、那覇空港に向けて出発します。
明日は、この便で帰ることになります。
さて、今回の宿は『ホテルよしざと』でした。


秋篠宮殿下がご宿泊されたという、島内で自慢?の宿だそうです。
見渡す限りでは、人が定住できる建物としては一番高層のようでした。
それ以外でしたら煙突か風力発電機が一番高いかも。
宿の売店で南大東島のマップを購入(300円)。
ホテルの近くには22時頃まで開いている商店が2ヶ所あり、北大東島よりは便利です。
北大東島の反省を踏まえ、この日は観光せずに部屋でのんびりしました。
夕食は付いているのでホテルでいただきました。

ここホテルよしざとは、食堂が4階にあります。
客室は2階と3階、特別室が4階のようです。
何もない島なので、4階からはかなりのところが見渡せます。
島を見渡しながらの食事は良かったです。
魚の揚げ物は骨が多かったのですが、とても美味しかったです。
蒸した芋饅頭も美味しかった。
近くの商店でお菓子や飲み物を購入していたので、快適にゆっくりできました。


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

北大東島 島内巡り

今朝は早く目が覚めました。
宿が集落から離れているので、何もすることがなかったから。
星空はとても綺麗でした。
朝食時間が8時30分までと早いのです。


普通の団体食堂で出てきそうなメニューでした。
グルクンの揚げ物は島らしいかな。
あとは普通でした。
朝食には大東寿司は付けられないようだ(;_;)。
シャワーを浴びてチェックアウト。
レンタカーを借りて、島内観光に出発しました。
マップとにらめっこして、まずは島の東側からせめてみることにしました。


沖縄県最東端の脾沖縄海
実際の最東端は島の北東にある真黒岬らしいです。
そこがけっこう難所のため、空港の東側に石碑をつくったらしい。
そばにはでっかい日時計がありました。
訪問時刻は9時50分でしたが、指す方向が大雑把すぎてよく分かりません。
近くに半人工の潮だまりプールが沖縄海あります。
満潮のため、海中に没していました。
滑走路の反対側に神社があるというので移動しました。
分かりづらい場所にあり、二度も通り過ぎていました。
看板や目印を付けたらいいのに!と思いましたが、恐らく設置しても台風の度に壊れるのだと思います。
訪れたのは秋葉神社です。


大東諸島は沖縄からではなく、八丈島からの開拓民が先に入島そうです。
そのため、琉球文化よりは八丈島や本土の文化が先に根付いたようです。
というわけで神社がいくつかあるのもその名残だそうです。
台風が多いため、お社はコンクリート製でした。
引き続き、島の中央付近にある大東宮に行きました。


境内は綺麗にされていて、北大東島のメインの神社のようです。
参道が長く、モクマオウの木陰が涼しげでした。
が、決して涼しくはなく、暑くてすぐに退散しました。
大東宮の前の道をまっすぐ西に進み、西港に行きました。


荒々しく波が打ち付ける様子は、那覇で見られないものです。
釣りをする人が多く、港釣りですが相当の大物がときどき上がるようです。
港の上には公園があり、そこに国標があります。
日本の領土を示すもの。
西港の入り口付近に、燐鉱石を保管していた倉庫跡があります。



ドーム状のコンクリート構造物の中に燐を保管していたそうです。
燐鉱石保管庫跡の前の道を南方向に行くと、1903年に北大東島に初上陸した場所があり、現在は上陸公園になっています。


上陸公園の前の道をさらに南方向に進み、江崎港(南港)に行きました。

この港は小さく、誰もいませんでした。
台風9号の影響からか、岸壁に打ち付ける波がすごかったです。
怖いので早々に退散し、今度は北上して北港に向かいました。
今回、台風から反対側になる北港が港として機能していました。
ちょうど、漁船が帰港したタイミングで、陸揚げ(吊り上げ)を見ることができました。

そろそろ北大東島の島内巡りも終盤。
宿に戻る途中で、隆起珊瑚礁でできた崖を見に行きました。
この崖(壁)は長幕と呼ばれているそうです。
島の内部をぐるっと囲うようにあるので、どこにいても見えますが(苦笑)。
写真を撮るのにベストな場所が分からなかったので、案内板の近くで撮影しました。
iPhoneのパノラマ撮影が意外に出来が良かった(^^)。




宿で昼食を食べ、休憩後に空港に送っていただきました。
1泊2日、ほぼ24時間の北大東島滞在でした。
観光で行くには厳しい島ですが、釣り愛好家には良いと思います。
食事は、島なのでそれなりと思っておいたほうが良いです。
北大東島をあとにし、次の目的地 南大東島へ向かいました。


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ